2009年01月22日

今日の岐登牛山

 晴れ、−14.0〜+1.8℃。

 きょうはエゾリスを何カ所かで見かけた。すぐ目の前にいてこちらはびっくり、あちらは食べるほうが大事。いつもなら叫び声を上げて逃げる場面でも、きょうは食べるほうが大事。東側でも足跡が縦横についていた。


 稲積神社神殿跡小ピークが明るかった。どなたかがスキーで通り過ぎた跡があった。


 ハシブトガラもカラマツがお好き
 

 瞑目する?


 鼻掃除。のようにみえるけれども、芽を食べようとしているのだと思う。


 飽食して、そろそろねぐらに潜り込みたい。


 すぐ、目の前にいた。
posted by take_it_easy at 20:02| Comment(2) | 岐登牛山
この記事へのコメント


カラマツって、人工林ですよね。
これが無かった以前は、エゾリスたちは食べるものは何だったのだ〜、とヘンな心配をしてしまう〜・・・。(笑)
Posted by 旭川3sen6gouの まりあ at 2009年01月24日 07:10
まりあさま

 カラマツは、もともとは北海道には自生していなかったそうですから、エゾリスのご先祖様は食べたことなかったんでしょう。
 でも、今の若者は生まれたときにはあったのですから。あったから食べる習性があるとは言えませんけどね。
 もともと、いろんなものを食べる連中ですから、カラマツくらいそんなに気にせず食べるんでしょう。でも始めて喰ったヤツは偉い。
 昨秋には、クルミやドングリの類は不作だったんでしょう。カラマツは食べるのに時間がかかって、さらにどの樹体も豊作というわけではないようで、仕方なく満腹するまで同じ所にいるのでしょう。
 おかげで、今シーズンは毎回のようにゆっくり眺めることが出来ています。
Posted by take_it_easy at 2009年01月24日 14:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。