2008年12月25日

2008 FISCHER CUP 第12回朝日ノルディックスキー大会 3/7

2008 FISCHER CUP 第12回朝日ノルディックスキー大会
朝日三望台シャンツエ

成年Bの部(スモールヒル HS=45m、K=40m)

 このクラスは、競技と言うより趣味の世界、度胸試し、思いっきり楽しむといいのだ、このクラスが盛況になると、ジャンプ競技ももっと賑やかになるのだろう。出場は2名。ふたりとも転倒せずに降りてきた。飛距離がないだけに、傾斜のないところに降りるのだし、直滑降が長く残る。お二人ともとっても真剣で、そして腰が引けているから、気の毒なくらいだ。が、愉快。

1位 国井 昌樹(富士通川崎)
2位 多田隆太郎(明治学院大学)


 国井選手、この体躯で挑戦とはたいしたもんだ。希望が湧いてきそう、出来るかもしれない、と。




 多田選手、足腰はしっかりしているなあ。






 これで、スモールヒルの競技は終わって、トライアルをしていたミディアムヒルの整備に移る。ここはリフトではなくて、ケーブルカーで上がっていく。
posted by take_it_easy at 22:39| Comment(0) | スキージャンプ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。