2008年12月23日

フクロウを見た

 朝は快晴、のち吹雪のち曇りのち・・・・・・、−8.4〜−2.8℃くらい、この気温なら、降り積もった雪がたとえちょっとだけだとしても溶けてしまうことはなかろう、と期待。

 野生のフクロウ(エゾフクロウ)を見てきた。


 寝たり起きたり、下から見上げるとくっついているように見えるが、


 寝たり起きたり、横から見ると離れているのが判る。べたべたではない。


 流し目、上のヤツ。首は回るし目も動く。


 枝に溜まった雪が、強い風で飛ばされた。


 束の間の吹雪が止んで、寝たり起きたりの頭や顔に雪が乗っていた。
posted by take_it_easy at 17:59| Comment(2) | 東川近郊の低山
この記事へのコメント


ふくらんでいるから「ふくろう」かな〜なんて思ってしまいそうなエゾフクロウのお姿です〜。

雪の中に2羽いる画像がいいですよね〜!!!
2羽は、つがいでしょうかね。
絡んでいるのはツルアジサイか? 
これもいい風景になってます・・・。
Posted by 旭川3sen6gouの まりあ at 2008年12月24日 09:16
まりあさま

まだ本格的な寒さが来ていません、これからもっと「ふくらもう」なんちゃって。

この木の下にはニンゲンの足跡がいっぱい。競作しきりです、きっと。
まりあさまも訪問なさるあのBLOGを拝見していて、私も見たいなと思っていましたが、どうやら同じ個体を同じ場所で見ることが出来たようです。
つがいなんでしょうかね、一生添い遂げるとききますが、この連中はどうなんでしょうね。
ツルアジサイ、いいんですが、ときどきは邪魔。
Posted by take_it_easy at 2008年12月24日 18:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。