2008年12月14日

第24回吉田杯スキージャンプ大会

 (速報)
 きょうの観戦記のまえにジャンプ界にとっての大朗報があった。
 ワールドカップ第6戦(プラジェラート(イタリア))で、湯本史寿選手(東京美装)が優勝した。荒れ模様の天気の中、1本勝負になったが、並み居る強豪を相手に堂々の優勝だ。日本選手の優勝はいつ以来だろうか。忘れるくらいに久しいものだ。
 下に、FISのLIVE画面を。



 さて、きょうは、第24回吉田杯ジャンプ大会。
 名寄ピヤシリシャンツェ、HS=100、KP=90。
 昨日と同じように沢山の参加があった。
 ほぼくもり、観戦中は昨日よりすこしだけ寒さは弱かった。




女子の部
1位 渡瀬あゆみ(神戸クリニック)
2位 山田いずみ(神戸クリニック)
3位 葛西賀子(日本空調サービス)
4位 竹田歩佳(北翔大学)
5位 北村咲希(白馬高校)
6位 小浅星子(札幌環境サービス)

 渡瀬選手が連勝。葛西選手が久しぶりに表彰台。竹田選手は安定してきた。北村選手はキャリアハイ。小浅選手は復活の兆し。けれども上位二人が抜きん出ている。世界選手権に向かってもう一踏ん張りだ。


 渡瀬選手の1本目
 

 

少年の部
1位 作山憲斗(中野実業高校)
2位 渡部弘晃(札幌日大高校)
3位 成田祐介(下川商業高校)
4位 鈴木 翔(札幌手稲スキー協会)
5位 清水礼留飛(妙高高原中学校)
6位 小林潤志郎(盛岡中央高校)

 作山選手は連勝、この辺りはほぼ常連になってきた。上位3人は2本ともK点越え、1月の大倉山がたのしみ。清水選手は中学生、小学生の時から抜きん出るものがあった。


 渡部選手


 今日の表情は少し柔らか。

成年の部
1位 岡部孝信(雪印乳業)
2位 松野尾佳吾(早稲田大学)
3位 細山周作(雪印乳業)
4位 伊藤謙司郎(土屋ホーム)
5位 東 輝(日本空調サービス)
5位 遠藤秀治(日本大学)

 きょうも岡部選手がぶっちぎりだった。1本目はバッケンレコード(「その2」で詳報)、2回ともそれぞれの最長不倒。松野尾選手はいつもいま一歩だったが、ついに表彰台。東選手は久しぶり。


 伊藤選手、辛抱だよ。


 東選手、深い姿勢が復活か。


 田中翔大選手の1本目、このあとガッツポーズが出た。この回の3位、きれいなジャンプだった。2回目はどうしたのだろう、結果は船木選手と同じく10位。

posted by take_it_easy at 22:55| Comment(2) | スキージャンプ
この記事へのコメント
行ってますねぇ〜^^
ニュースでジャンプの話題を聞くと、take_it_easyさんが頭に浮かびます(笑)

ジャンパーの就活なんて話題が出ていましたが、何となく人ごととは思えず胸がモヤモヤ。。。
Posted by ririnomi at 2008年12月18日 21:20
ririnomi さま

この25日には、三望台シャンツェ(朝日)で大会があります。
この大会は、小学生や社会人でもほぼ素人に近い連中まで出場する、じつに愉快な大会です。
観戦記をまた載せますから、おたのしみに、ぇっ。

トップクラスの選手でもなかなか引き受け手が見つからないのはちと辛いことです、ファンにとっても。
でも、めげずに良くやってます。

ririnomiさんもめげずにガンバ。
一歩踏み出すためには、デキナイコトをデキルヨウニスルことも大事。ガンバ。
そういえば、さっき、ガンバ大阪がマンチェスターU相手に3点も取った、デキソウモナイコトがデキちゃった。負けたけど。
Posted by take_it_easy at 2008年12月18日 22:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。