2008年11月23日

今日の岐登牛山

 晴れたり曇ったり雪が降ったり。朝方はボタンのような雪がしっかり降っていた。明け方は−3℃くらいだったけれど、17時では−5℃くらいまで下がってきた。maxは−0.5℃くらい。風がなく寒気は忍び込んでは来ない。

 柔らかく、やや湿った雪が山を覆った。展望閣辺りから上の積雪深は30cmほど。朝の除雪が堪えている、南端展望台まででgive up。スキーを利用するにはまだ雪不足、しばらくはツボ足。


 道道から見た雪上がりの朝の岐登牛山。


 雪上のクリオネ。何の実? もう一つは何の実?
(どちらもシラカンバの果穂から脱落したもの、クリオネは鱗片、もう一つは種子だとわかった。解剖してみた20081125。)


 何かの巣、夏場には気付かないことがいっぱいありそうだ。
 

 ミツバウツギの実


 道の正面でこちらを見ているエゾリス、こちらが気付くよりずっと前から気付いていて、じっと見ていたんだろうなあ。


 南端展望台から
posted by take_it_easy at 18:28| Comment(2) | 岐登牛山
この記事へのコメント
いよいよ冬、静かな浅い冬色のキト牛山ですね。
構図というか一枚の絵として、とても気に入りました。
Posted by みつこ at 2008年11月24日 17:36
みつこさま

品(しな)は余り変わらないから、
手を変え手を変え、です。
気に入ってもらえて、ものすごくうれしい。
冬はこれからが佳境、吹雪も晴れも、織り交ぜて、冬は冬で、おたのしみに。
Posted by take_it_easy at 2008年11月24日 17:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。