2008年10月13日

音江山

 沖里河温泉(廃墟、標高280m)から剣山529m、音江山795m、音江連山(無名山804m、沖里河山802m)を経て、イルムケップスカイライン(名ばかり立派ながたがた林道)を通って一回りしてきた。
 音江連山はなんどか来ている。無名山からネマガリダケを掻き分けながらイルムケップ山864mにも行った。だけど、無名山から見る音江山は道があるようなないような、ネマガリがひどそうで、避けてきた。
 ある山岳ガイドさんのHPにそこへの簡単な山行報告があった。歩けるようになったらしい。
 おかげさまで晩秋のしずかな山歩ができた。


 音江山と音江連山との分岐点にある道標。音江山への案内は切り取られている。
 登山口にある音江連山登山コース案内図では、分岐点から音江山への道は記入されていない。
 どうやら音江山は音江連山には含められていないようだ、案内図の署名は深川市教育委員会。


 分岐点から音江山に向かう道。ネマガリは広く刈り分けられ、古くからの踏み跡もしっかり残っている。大変歩きやすい。おもしろくないくらいに。


 頂上には一等三角点の標石がある。少し離れたヤブの中にこんな看板が遠慮がちにあった。無名山や沖里河山、イルムケップ山には立派すぎるくらいの標識がある。
 地形図には頂上を通り抜ける道が記されている。その踏み跡らしきものがネマガリの中に続いていた。どこまで続くかはしらない。


 音江山からの降り道で、ひと抱えでは足りないと思われるダケカンバの幹にへばりつくツタウルシとカメノコテントウ。
  

 音江山、無名山から


 右奥にイルムケップ山 、無名山から。イルムケップ山への入り口は以前よりも塞がっていた。


 石狩川のむこうに深川市街、無名山から


 沖里河山の斜面、無名山から
 

 沖里河山からの降り、イルムケップスカイラインの温泉側半分。車も通らず、晩秋の散歩にはたいへん気持ちよい。
 イルムケップスカイラインとはいうけれど、イルムケップ山は通らない。


 沖里河温泉鳩ノ湯(廃墟)の前を流れる待合川にいたカワガラス
posted by take_it_easy at 21:13| Comment(6) | 大雪山以外の山
この記事へのコメント
こんにちは、初めまして。

実家からいつも眺められる山が音江山です。
鳩ノ湯は廃墟でしたか〜?
暫く行っていないので、なんか寂しい気分になりました。
来年から音江連山は、多分、Myフィールドになりそうです。
カワガラスは初めて写真で見ました。珍しいですネ。
Posted by モンタン at 2008年10月14日 09:32
モンタンさま

コメントを有難うございます。

沖里河山は、車でスカイラインを辿ってゆくと、駐車場から徒歩5分で頂上です。
車のためには深川スキー場側からの方がいいような気がします。
その先は、春ならタケノコ街道。
音江山は山スキーヤーにたいへん愛されているそうです。
四季折々に興味を引き出してくれるかもしれません。
地元の方には釈迦に説法になりそうですね。

カワガラス、先日は旭岳温泉街の勇駒別川で見かけました。山あいの川には結構いるようで、お目に留まることもきっとあります。

(1行だけ削除させていただきました。ご容赦下さい。)
Posted by take_it_easy at 2008年10月14日 15:20

へ〜、深川市音江の山で、音江山。
シラカンバの幹が鮮やかに目立つ季節になってきたんだな〜・・・。
Posted by 旭川3sen6gouの まりあ at 2008年10月16日 06:03
まりあさま

音江山を入れないで音江連山というのはなんかへんですが、音江にある連山と言う意味くらいのことならまあいいか、とおもいます。

シラカンバもダケカンバも幹が目立ってきましたね。
Posted by take_it_easy at 2008年10月16日 17:47
お久しぶりです。
音江山は藪漕ぎが酷いというイメージが強くて今まで行かずにいましたが、遠慮がちな音江山の標識を見に行って来ました!鳩ノ湯からではなく深川スキー場側からですけど・・ね♪
Posted by JAJA(姉) at 2008年10月19日 22:29
JAJA(姉)さま

うれしいなあ。コメントをいただけるなんて。
ほかの標識に比べるとかなり遠慮がちだったでしょ。
Posted by take_it_easy at 2008年10月20日 18:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。