2008年10月12日

今日の岐登牛山

曇り、6.5〜12.5℃くらい。はっきりしないお天気。

葉が落ちて、道は新しい落ち葉で覆われて、林の中は明るくなってきた。


 キャンプ場を抜けたところの電柱に色着くツタがからみついている。そのツタの古い枝に留まっていたアキアカネ♀


 周りの木の葉が少なくなって存在が目立ってきたコガタスズメバチの巣。ここ数日、僅かな時間、眺めている間には住人の出入りなし。


 きょうは休日


 稲積神社神殿跡小ピークのヤマウルシ、葉が落ちて傘の骨と化す。


 オオツリバナの葉陰にエゾアオカメムシの影あり。
posted by take_it_easy at 19:48| Comment(2) | 岐登牛山
この記事へのコメント
紅葉、黄葉が惜しまれつつ落葉になりました。
これからは晩成の黄葉が楽しみです。

虫たちもだんだん姿を消していきますね・・・。
Posted by 旭川3sen6gouの まりあ at 2008年10月13日 04:18
まりあさま

樹からの別離を強いられた落ち葉はまだ色を保っており、その色合いはとっても多様。
それが、だんだんと黄色っぽく、そして茶色っぽくなり、そのうち、姿を消してゆきます。
樹にある紅葉、黄葉もいいけれど、この落ち葉もまた素敵です。嵐の後がチャンス。
これを写真に撮ろうとしますが、しかしどうもうまくいきません。

ほんと、何処に消えちゃったのでしょう。
ある種の虫たちは普段は見かけないのに、この季節になるとどこからか越冬場所に集まってきて、群がります。
なんでこの場所が解るのだろうか。
Posted by take_it_easy at 2008年10月13日 20:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。