2008年10月08日

東神楽森林公園

 くもりのちはれ、7.5〜16.5℃くらい。
 往きは曇り、還りは晴れ。歩いていると汗ばむ。着ていたヤッケを脱ぎ捨てるほど。

 忠別川堤防上は、曇っていると、アスファルトが保護色になる虫たち(ハネナシサシガメ、キベリヘリカメムシ、エゾエンマコオロギなど)がうごめき、晴れてくると、この連中は多分草むらに隠れ、入れ替わってトノサマバッタとアキアカネが歩く邪魔をする。
 見えなかった山並みが徐々に見えるようになり、帰り着く頃には大雪の稜線はくっきり。
 東神楽遊水池は周りの紅葉が映えて明るい。
 雪虫が出るようになった。


 往き、忠別川左岸のサイクリングロードを上流方面に辿る。景色はくすんで、山は雲の中。


 森林公園内のサイクリングロード。陽が差すようになった。この道は濡れていると滑るから気をつける。


 東神楽遊水池にいたニジマス? 体長は70cmくらいはあるように見えた。
 

 東神楽遊水池に映える紅葉。マガモなどが羽休め。


 大雪山が見えてきた。


 往きのサイクリングロード上で、エゾエンマコオロギ♂。眉のような紋様が、エンマコオロギに比べると小さいのだとか。なるほど、岐登牛山で見たやつはその紋様が長かった。
posted by take_it_easy at 20:31| Comment(2) | 東神楽町
この記事へのコメント

あ、↓の大雪山に午後雲の話は、8日でした〜。

ここは温泉から大雪山が見えるのがお気に入り〜。
もう外の施設利用者は稀なことでしょう。
Posted by 旭川3sen6gouの まりあ at 2008年10月09日 15:02
まりあさま

テントがひと張り、ポツンとありました。
パークゴルフ場は変わらず繁盛しているようでした。
Posted by take_it_easy at 2008年10月09日 16:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。