2008年08月30日

嵐山でクマゲラ見参

曇り、20〜25℃、蒸し暑い一日。

所用のついでに旭川近郊の嵐山へ。
北邦植物園入り口からサイクリングロードへ、いろんな花が咲き、いろんな虫が出ていた。
目移りがして、みるみる時間が過ぎてゆく。
いったん入り口に戻って、展望台まで。ミズヒキの小さな花が真っ赤、が、暗い。

展望台近くで、樹をつつく音、黒いヤツ(クマゲラ♂)がいた。
遠いから、そっと近づくと、その分だけ遠ざかる。
また近づくとその分以上に遠ざかる。
さらに近づこうとすると、うんざりしたか、どこかへ行っちゃった。


北邦植物園入り口から、石狩川に沿うサイクリングロードに向かう道。


ルリシジミ


マダラナガカメムシ、カンタン
ブチヒゲカメムシ、キバネハサミムシ


ミヤマニガウリ、細い蔓と小さな花、ぶらさがってよく目立つ果実、はっきりした葉っぱ。


函館本線嵐山トンネルに入る上りの特急スーパーカムイ






展望台から北東、もうひとつのキトウシ(鬼斗牛)山方面をのぞむ。
posted by take_it_easy at 20:44| Comment(2) | 東川近郊の低山
この記事へのコメント
このオサラッペ川沿いの木道がある道は、いろんな動植物がある(いる)ところです。
私が撮ったチョウ、エゾシマリス、アオダイショウ(アップはしなかった)、今回のオオハンゴンソウとヒョウモンチョウ、ツリフネソウも、ここです。

山頂でクマゲラ!
ラッキーでしたネ〜!!
この目つき、いいな〜!
Posted by 旭川3sen6gouの まりあ at 2008年08月31日 04:24
まりあさま

木道がある道、そうでしたね、エゾシマリスが自らを危険にさらしているようにみえたのでした。
地面を生活の中心にしている生き物にとって、上空が開けた場所は大変危険。

サイクリングロードの線路側がお手軽でなかなかの見物でした。
そこから展望台にと思ったのですが、道は狭く、草が濡れていましたから、しぶしぶ引き返したのですが、それで2倍の時間を取られました。
Posted by take_it_easy at 2008年08月31日 15:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。