2008年07月30日

今日の岐登牛

曇りのち晴、max27.4℃、きょうも嬉しくなるくらいに暑かった。

この暑さを感じているのかいないのか、
そんなことかまっていられるのかいられないのか、
いつものようにしずかな、けれど、耳を澄ませばいろんな音が聞こえてくる、生き物たちの息づかい。


 ウリハムシモドキ。畑にいれば畑の作物を好んで食べる。でもここは畑じゃない。畑とはどう繋がるか。


 ウリハムシモドキ、卵をみごもった♀


 ウグイスの幼鳥(多分)、囀りは近くから聞こえるのに姿は見えない。地なきを頼りに、ササわらのかすかな動きを待っていたら、姿を見せた。


 キリンソウ


 アカゲラ(♂♀不明)のおなか。不意に頭上に留まった。
posted by take_it_easy at 21:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 岐登牛山
この記事へのコメント

ウグイス様ですか〜。
地味ですね〜、あの艶やかなさえずり声の主としては・・・。 それでバランスがいいのかも・・・。(笑)

アカゲラは後頭部が見えなくちゃあ判らないですよネ〜。
Posted by 旭川3sen6gouの まりあ at 2008年08月01日 07:22
まりあさま
 ウグイス、目立ちたいから高らかに謳うのでしょうに、姿を見せずに謳うのは、なぜなんでしょう。これ、一つの不思議(わたしには)。
 アカゲラ成鳥、赤い腰巻きでも区別が付きません。ニンゲンならば・・・。
Posted by take_it_easy at 2008年08月01日 20:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90859223
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック