2008年07月17日

ガガイモ、アスパラ畑で雑草に

 雨、ときどきは曇り、max20℃。

 雨が降って出かけないでいると、ネタに困る。


 6月25日
 岐登牛山への途次、アスパラガス畑で、畑では見慣れない植物が繁茂し、アスパラガスにからみついていた。


 近づいて、まだ若そうな個体を見ると、子葉の痕跡がない。タネから出たのではないことが判る。


 作物だとは思えないから、この畑はどうみてもアスパラ畑だから、持ち主に断りなく、引き抜いてみた。
 根茎がしっかり発達している。この2本はともに根茎にある芽から伸びてきたものだ。


 毛むくじゃらの蔓が絡み合っている。


 7月10日
 体はだいぶ伸び、拡がっている。花が咲いている。アスパラガスも伸びたけど。


 この花はガガイモの花だ。
 ここはかつては整備された水田だったにちがいない。すでに、そばに原植生のガガイモがあるような環境ではなくなっている。このガガイモはどこから来たか? タネが飛んできたのだろうか、それとも根茎の切れ端が紛れ込んだのだろうか。これだけ拡がるのにどれくらいの期間が必要なのだろうか?
 野草と言われる種類も、畑に入ってお邪魔虫になると、耕地雑草になる。
 耕地雑草という種類の植物があるのではなくて、なんでも、勝手に耕地に生えると、「耕地雑草になる」。
 は、ともかくも、このガガイモ、ちょっと厄介かもしれないなあ。
 なお、ガガイモは全草とくに地下部に有毒、引き抜いて食べようなどとは思わないほうがよさそう。
posted by take_it_easy at 21:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 耕地雑草
この記事へのコメント

トンボ、まだいましたね。

私が見つけたある道端のガガイモはまだ蕾でした。
ヨツバヒヨドリもまだ蕾が多くて、その期間が長いんですヨ〜。
クガイソウは、もう終わりですね。
こんな詰草が・・・!
Posted by 旭川3sen6gouの まりあ at 2008年07月18日 00:08
まりあさま
 岐登牛山のエゾクガイソウはまだまだ咲いていますよ。いまは主軸が盛期で、脇役はこれからですから。
Posted by take_it_easy at 2008年07月18日 19:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90859207
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック