2008年06月29日

今日のウラ岐登牛

 晴れ、max23℃。
 きょうはオモテとウラに。
 ウラではシュルツェマダニにやられた。林道ではあれだけ気にしていたのに、帰宅後に点検したら、フトモモの外側にいっぴき。もぞもぞも痛みもなんにも感じなかったが、食いついていた。慌てて、ほんとうにあわてて引き抜いた。まだ深くはなく、小さな穴が2コ空いただけで無事取れた。ダニはカッターナイフでみじん切り、跡を消毒して、おしまい。しまった、撮ればよかった。


今日通ったウラ岐登牛の林道


道の両側にヒメヘビイチゴがびっしり。


クロヒカゲのオモテ、オモテはあまり見せてくれない。見せたくてこうしてるとは思わないが。


エゾアカバナ、柱頭が4裂


オオイタドリハムシ、体長9mmくらい、オオイタドリにて。
本州以南にさらに小柄なイタドリハムシというのがいるそうだが、べつにいっしょでもちがっててもいいんだけど。


ウリノキのつぼみ、オモテで。
posted by take_it_easy at 20:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 岐登牛山
この記事へのコメント
ダニにやられた?
そのダニはそんなに大きな種類なのですか?
読んでいて、ちょっとビックリしてしまいました。。。
Posted by ririnomi at 2008年07月01日 00:23
ririnomiさま
大袈裟すぎたかな、すみません。
シュルツェマダニというのは、たいそうな名前ですが、道内の野原に普通にいるダニです。長く食いつかせておくとライム病に罹るかもしれません。
ほかにヤマトマダニというのがいて、そっくり。こちらは脚が茶色く、シュルツェは黒い、と、にわか勉強の結果、判明。
わたしに食いついたのがどちらか、ホントのところは判らなくなりました。
Posted by take_it_easy at 2008年07月01日 12:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90859187
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック