2008年06月28日

今日の岐登牛:エゾタヌキがいた

晴れ、山の方は見えず、max24℃。

 展望閣への車道を歩いていて、ヘアピンカーブを半ば曲がったところで、目の前をあまり見かけないけものが歩いていた。一瞬、大きめのネコかと思った。こちらに気がついて、確かめるように、少しの間、こちらを見つめ、一目散にヤブの中へ駆け込んだ。その先は、ヘアピンカーブの下側、で、もどって待っていると、やおら出てきた。さきと同じようにこちらを見つめ、そして、一目散に林間へ。


エゾタヌキ、目が合った。このあと一目散にヤブの中へ。


エゾタヌキ、ヤブからボーッと出てきたところ。


ハシボソガラス、もう威嚇しなくなった。


ヒナバッタ


ミドリヒョウモン、この種はたくさん飛び交っている。


オバボタル、ホタルだけれど光らない。幼いときから光らない。なんで、オバボタル?なんという名付け方。
posted by take_it_easy at 21:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 岐登牛山
この記事へのコメント
タヌキも近間にいるんですネ〜!
待ち伏せとは、一枚上手で、さすがニンゲンです!(笑)

このタヌキ、こ汚い気配です〜。 仕方ないか〜。(笑)

だいぶ以前風連から名寄への農道で見かけたタヌキはコダヌキみたいでメンコカッタ〜。
Posted by 旭川3sen6gouの まりあ at 2008年06月29日 10:21
ハイエナみたいな風貌で、ポンポコポンとはえらい違います。
若者ではなさそうです。
よくぞ姿を見せてくれた、というところです。
Posted by take_it_easy at 2008年06月29日 21:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90859186
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック