2008年05月31日

雪解けの天女が原

きょうは、旭岳温泉から、天女が原経由で姿見の池まで。
快晴のち薄曇り気味の晴れ。
コース上の雪もだいぶ解けて、道が川か、川が道か状態。雪の下は水が流れ、注意していても時々踏み抜いてしまう。温泉近くではウグイスが元気よくさえずっている。天女が原への道の両側には数種の幾株かが開花。盤の沢あたりでは雪がしっかり詰まっていて、まだ滑れそう。姿見の池の氷には亀裂が入り、その間から水面が見える。登山コースには下から見たところ雪はあまりない。




天女が原への道


天女が原辺りの木道


盤の沢から望む十勝連峰


温泉からほどなくの登山道際で、エゾノリュウキンカとミズバショウ


エゾイチゲ


エンレイソウ


ショウジョウバカマ


アオジ、藪の中が好き
posted by take_it_easy at 22:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 大雪山
この記事へのコメント
旭岳〜、今、早春だね〜!
姿見付近はお花はまだでしょうかネ〜。
ロープウエーを降りて散策はできる・・・?

春光台公園東エリアへうまく辿り着けなかったようですネ〜!

私の撮った蝶の名が、ここでわかりました〜!
Posted by 旭川3sen6gouの まりあ at 2008年06月02日 13:27
まりあさま
 姿見付近でキバナシャクナゲが咲き始めていたという噂をききました。わたしには見えませんでした。まだ雪が消えている部分は少なく、もう少し先になるでしょう、花の季節は。
 春光台への新道からの入り口が立体交差になっているなんて、すっかり忘れていました。
 何の蝶ですか、モンシロチョウではなく? あまり信じない方がいいですよ、わたしの決めつけは。ぜひなにかで確認してくださいね。
Posted by daisetsu at 2008年06月02日 22:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90859154
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック