2008年05月28日

今日の岐登牛

朝はさわやかな快晴、午後は曇り、max16℃ちょっと。
キビタキの囀りがよくとおる。木々の若葉が空を覆う。見上げると、葉が透けて、瑞々しい。風に揺り動かされ、林床に届く光がチラチラ。


きょうのツリバナ。きのうのツリバナは雨に濡れて、いい風情。でも、どんな花かよくはわからなかった。


キビタキ♂、謳うように囀る。鍛えられた声楽家のようだ。


アオジョウカイ、コウチュウ目ジョウカイボン科に分類されるそうだが、ジョウカイボンてどんな意味?
チシマアザミの葉陰に隠れて、獲物を待ち伏せか。


(ヒメ)ウスバシロチョウ♀、きのうとおなじオオハナウドにいた。同じ個体かどうかは不明。


ベニバナイチヤクソウ、ギンリョウソウ以外の他のイチヤクソウ類はまだ気配なし。
このクルマバソウは花弁を落としているが、多くはまだ咲かせている。


ヒゲナガガの一種、♂、触角がすっごく長い、光の加減で金色に輝いた。


マイヅルソウ
posted by take_it_easy at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 岐登牛山
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90859151
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック