2008年05月26日

あぜ道の生き物たち

厚いくもり、風は穏やか、max18℃少々。夕刻、雷鳴。
東川は良質稲作地帯。我が家の近くでも水田が拡がる。田植えはほぼ完了。あぜ道のセイヨウタンポポは過半が結実中。ゆっくり歩くと、いろいろな生き物が、もちろん目立たない生き物が圧倒的に多いのだろうけれど、目にはいる。


小さなニホンアマガエル、歩を進める毎に草むらから飛び出す。右手(右前足)で石のようなものをしっかり握っている。


ナズナ


タネツケバナ


タチイヌノフグリ、セイヨウタンポポのタネがひっかかっている。


エゾムラサキ


ノハラムラサキ


ベニシジミ、横恋慕
posted by take_it_easy at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 東川歳時記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90859149
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック