2008年05月25日

今日の岐登牛

今にも降りそうなくもり、午後になって降ってきた。max20℃手前。
キトウシ家族旅行村で産業祭り、大変な賑わい。木立の中はひっそり。


ベニバナイチヤクソウ、これを撮るためにクルマバソウを何本も踏みつけた。


オオハナウド


エゾハルゼミ♂、オオウバユリの葉柄に後半分を隠し、心形に凹んだ葉身部分に前半分を出して、じっとしていた。どんよりの薄ら寒いお天気で、仲間のみんなが息を潜めるように音を出さないでいる。動かないことをいいことに、前後左右、遠近、いろんなところから撮させてもらった。額のルビー色のところ、どこかの王妃の宝石のようだ。天気がよければもうすこしシャープに写るのだろうが、いや、天気がよければうるさいなあと逃げていく。


コマユミ


ギンリョウソウ、日陰が得意だからか、暗い日でもそこそこ明るい。


ミツバウツギ
posted by take_it_easy at 20:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 岐登牛山
この記事へのコメント
ギンリョウソウもあるんですね〜!

私のエゾタンポポは春光台公園にあります。
実高裏の道を高専の前あたりまで行くと「ミズバショウ群生地」の白くて低い小さな案内板が立ってるところを入る。
入ったすぐの坂道の左右を探索ください。
ユキザサのかなり大きな一かたまりもそこにあります。
一昨年のマイブログの記事です。
http://blog.goo.ne.jp/3sen6gou/e/f8491afb15e33a9b618ce787253994e4
Posted by 旭川3sen6gouの まりあ at 2008年05月26日 07:00
↑、リンクにならないようです。
シツレイシマシタ〜。
Posted by 旭川3sen6gouの まりあ at 2008年05月26日 07:02
ブログを拝見しました。
先月、地下道をくぐって、ミズバショウをみにいきましたが、途中、住宅街のほうから入ってくる道がありました、あのあたりですね。
ギンリョウソウ、山道の脇で、折り重なった枯葉を持ち上げるように出ているものもあります。踏みつけそうです。
Posted by daisetsu at 2008年05月26日 17:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90859148
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック