2008年05月24日

神居尻山と黄金山、その1

薄曇り気味の快晴、山上では風強し。東川での最高気温は25℃近く。
夏山の最初は空知の花の山。午前は神居尻山、昼過ぎには下山して、13時過ぎから黄金山。
神居尻山は、時間のかからないC→Bコース。山にいる時間より、車で移動している時間のほうが長い。
その1は神居尻山編。花の山なんだけど、春の名残の山だった。


頂上部、標高はあまりない(947m、登山口との標高差650mほど)が、険しい景観は結構人気。登山道にニンゲンの大群が見える。


シラネアオイ、稜線上では強風によってむりやり花を閉じさせられている。風隠れにはいると、ちょうどみせごろ。


キバナイカリソウ、距が四方に出ている。


センチコガネ、飛翔への準備


階段を挟んで、名残のカタクリ


ミネザクラ


ムラサキヤシオ


ノウゴウイチゴ


葉が紫のクルマバツクバネソウ


ハクサンイチゲ


下山途中で見たヒメギフチョウ、いつになってもヒメはヒメ。
posted by take_it_easy at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 大雪山以外の山
この記事へのコメント
ホント、花いっぱい!

岐登牛にない花がありますね〜。
Posted by 旭川3sen6gouの まりあ at 2008年05月25日 11:22
「岐登牛にない花がありますね〜。」

はい、標高が上がると、どうしてもね。
Posted by daisetsu at 2008年05月25日 20:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90859144
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック