2008年05月07日

きょうはウラ岐登牛

雲量8くらいの晴れ、のち雨。最高気温は15℃足らず。
 きょうはウラ岐登牛。ウラというのは東川側から見るとウラ、もちろん旭川側からだとオモテ。
 最終民家の、去年はいつも吠えまくっていた犬、往きでは出てこず、拍子抜け。還りで飛び出してきた、激しく吠えたが、淡白で、車を追うことはなかった。
 林道を歩いていただけなのに、ズボンにマダニが着いていた。これだけで全身がむずがゆくなった、ような気がした。
 日が射すと、シラカバの新緑がまぶしい。カラマツの植林地では、アオジが盛んに囀り、ササの繁みのなかで地鳴きする。ウグイスがどこかで鳴いている。林床ではオオバナノエンレイソウ、ニリンソウ、オオタチツボスミレが旬




ズボンにいたヤツをエゾノギシギシの葉裏に移した。
この連中が絶滅したら、生態系は変わるか、「変わる」といっても「変わらない」といっても同じ程度には変わるだろう。変わっても変わらなくても、人為的にでも絶滅を望む。


エゾスジグロシロチョウ、結実したアキタブキの雌花房で休息?


すぐ隣で、ツバメシジミも休息?


林道脇にオドリコソウ
posted by take_it_easy at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 岐登牛山
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90859125
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック