2020年12月31日

今日の岐登牛山

 叩くと割れそうな空気。minはマイナス23.3℃、お昼前でもほぼ20℃前後。上空は青空。風がなく、着込んでいれば快適。羽毛のジャケットを着込んで、生まれながらの羽毛をまとった鳥たちを見る。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 倉沼川に立つけあらし。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ツグミのホバリング (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 マユミニシキギを食べる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ヒヨドリ、ナナカマドを食べる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ツグミ亜種、ズミを飲む。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 空気は凍ってる。 (画像クリックで拡大)

おまけ 今日は大晦日、今年の「今日の岐登牛山」で記憶に留まっていることは・・・

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 6月1日から10月25日まで開催された「展望閣写真展ー岐登牛山の動植物」。公園管理者のご厚意で、長期間、展示していただけた。多様な生き物たちがいるよ、ということはお知らせできたかもしれないさ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 今年最後の山行。私称ユコピの滝を見に行けたこと。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 そして、(仔細は記載しなかったけれども)フクロウの子育てを、この場所では小生には初めて目にできたこと。親鳥が潜り込んでいることに気づいたのは4月17日。子育てをしているとは夢はおろか幻でさえ見なかったな。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 雛を見たのは6月10日のこと。知人からの連絡を戴いた。 (画像クリックで拡大)

番外

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 退職してからしばらく経つが、痕跡が残っているのは嬉しいな。「ゆめのつる」は大豆鶴の子銘柄の品種。道南方面で作付けされており、白目極大粒で煮豆に適。煮豆好きのあなた、きっと食べてるよ。このレリーフは坂坦道作。羊ケ丘のクラーク像を彫ったひと。 (画像クリックで拡大)

 よいお年を!
posted by take_it_easy at 18:25| Comment(2) | 岐登牛山
この記事へのコメント
「空気は凍っている」感が伝わってきます。見事な1枚です。
レリーフを見て嬉しく懐かしくなりました。良いお仕事をされていましたね。確かに大粒で煮るだけで美味しいお豆を沢山つまみ食いした覚えがあります。
今年は写真展も開かれ日々の蓄積がお役に立てて、よかったですね。
Posted by みつこ at 2021年01月03日 12:39
たいした考えもなしにですけど、続けていると、なにがしか、忘れた頃にやってくる、こともあるんですね。
穴があったら、穴を掘ってでも入りたくなることが多々ですけどね。でも、たまには深呼吸を忘れずに、です、密ではないところでさ。
Posted by take_it_easy at 2021年01月03日 17:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。