2020年09月23日

今日の岐登牛山

 ほぼ曇り、気温は20度を超えず。歩くのにはちょうどよかった。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 展望閣から (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 オオアカゲラ♂ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 オサムシの類の♀。下翅は退化したのか飛べそうもない、体重もありそうだし。ハムシの類ではこのような体型はよく見かけるけれども。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ムラサキシタバ、後翅をチラッと。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 フタキスジエダシャク、名は体を表す、か。ミスジあるようにも見えるけどね。日本固有種なんだとか、ということは、日本以外で生まれると、外来種として珍重されるか邪険に扱われるか、ということなのかなあ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 カケス、ミズナラのどんぐりを、皮を剥いて食べている。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ツルシキミ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ケブカスズメバチ。息を殺して接近、調子に乗って正面に回り込んだら、グッと高い姿勢をとってきた。シャッターもきれずにそっと退散した。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:24| Comment(2) | 岐登牛山
この記事へのコメント
オサムシの翅にこんな模様が隠されていたなんて。
飛べないのなら、ハチを真似ている?
興味深いです。
Posted by JRobin at 2020年09月25日 15:16
JRobinさん

腹部がパンパンに膨らんで、上翅が押しやられました。
飛ぶことがなければ、上翅を開くこともないのでしょうから、この腹部上面を見ることもなさそう。図鑑類のピン留め標本も閉じた状態ばかりですしね。
クルミハムシなんかも卵を持つとパンパンに膨らみますけど、上翅は閉じてます、下翅があるから?
まあ、この模様からハチを想像するかしないかは判断がつきかねますけど。

Posted by take_it_easy at 2020年09月25日 19:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。