2019年09月13日

倉沼神社跡から旭山

 朝方は寒かった。暑さで参っている本州方面の方々にお届けできればいいのにな。以前、「気象台のアンテナ」という歌があった、今もなくなったわけではないだろうけど。「気象台のアンテナは昭和基地まで偲びます。氷を飲みたいこの暑さ、送ってあげようと思います。」という歌詞。現状は逆だけど。(だいぶ前におなじような記事を書いたような気もするけど)+8.7〜+21.5℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 朝方は霧。小いっときの後には晴れ渡り。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 アカゲラ♂、こんな細い木で、身を晒してくつろがなくても良さそうなもんだと、外野は思う。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 いつもは端折っているが今日は三角点まで足を伸ばしてみよう。すると、旧市民スキー場上部にこんなのができていた。展望所?休憩所? 春に会える丘、なんだか意味深だね。立派な看板とベンチとがあり。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 その背後にある小振りの看板。小振りだけど、立派なもの。簡易展望台、これもなんだか意味深だね。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 なななんと、三角点には立派な頂上標識。高さ2m近く。これなら積雪期でも埋まらない。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 動物園に向かって下がっていくと、海底の丘、これはそのままだ。ベンチには2018.9.25と刻まれている。一年も前からあったのか、気づかなかったな。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 そこから、春に会える丘の看板のある方を見上げる。見える季節は秋。この春というのは季節の春ではなさそう。いよいよ意味深。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 動物園のオオワシ、すぐ近くに止まっていた。 (画像クリックで拡大)

おまけ

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 小さなシギが水浴び、1羽ぽっちで。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:30| Comment(0) | 東川近郊の低山
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。