2019年08月07日

涼を求めて

 朝晩は涼しくて、夏バテを回避できてる。昼間は涼を求めて、日陰と水の流れのあるところに。+19.0〜+31.0℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 冷たい流れは深い谷の底に。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 カラスシジミとヨブスマソウと (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 耳をかすめるように後ろからなんかが通り過ぎた。あの木の幹に止まったように見えた。樹陰はとても暗いのです。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 クソ暑い真夏の昼間、エゾモモンガを目撃できるなんて、どうなってるんだ、な気分。ねぐらが暑くて涼を求めた、なら同じじゃん。裏側に回って、そして消えた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 頭の飛んでるシジュウカラ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 センダイムシクイ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 オオアカゲラ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ハシブトガラ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 アカゲラ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 上のアカゲラが枯れた立木を物色、このあと上方の穴を覗こうとして、びっくりしたかのように飛び跳ねた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 中から、なんかが外を見ている、よほどびっくりしたんだろうね。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 中で体勢を入れ替えてるもよう。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 そしてこの状態が暫く続いていた、頭隠して尻隠さず状態が。尾はぺったらこい。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:19| Comment(2) | 忠別川
この記事へのコメント
エゾモモンガ、こんなに全身見ることができるなんて!
目は大きいのですね。手も飛膜もしっかり見えます。
アカゲラがのぞこうとした巣穴の今の主もモモンガでしょうか。
Posted by JRobin at 2019年08月10日 15:30
JRobinさん

2〜3月ころの真っ昼間なら、異性を求めて出歩きますからくっきり見えることもあるのです。
でも、真夏の真昼はよほどのことがない限り寝てると思うんですけどね。で、よほどのことがあって、それはどういう事態だったんだろうか、興味は津々です。
目玉は大きいいけれど、瞳孔の調節幅は大きくて、相当小さくできるのでしょう。普段は夜向け。
下のもエゾモモンガです。場所は離れているので、同じ個体かどうかはわかりませんが。尾はラジエータの働きをしているのかなあとおもいました。暑かったし。
Posted by take_it_easy at 2019年08月10日 17:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。