2018年06月29日

きょうの林道

 蒸した。+17.0〜+24.7℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 愛別岳から安足間岳がよく見えていた。駐車して、カメラを持ち出すほんの数分のあいだに山は雲の中に沈みこむ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 きょう歩いた林道、これならマダニの心配無用。でもやはり、先ではマダニは待っている、その前に引き返さなくっちゃ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 アヤメ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 アケボノセンノウ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 キンスジアツバ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 コイチヤクソウつぼみ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 クモキリソウ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ジンヨウイチヤクソウ (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:18| Comment(2) | 岐登牛山
この記事へのコメント
安足間岳、いい写真だなと思って観ていると、厳粛な気持ちになりました。
山と雲の感じが東山魁夷の絵と似ているように思います。
今の季節、紫やピンクや白の花々や緑の葉が水分に調和して綺麗ですね。
マダニには呉々もご注意くださいね。
Posted by mitsuko at 2018年06月29日 20:32
東山魁夷は意識しなかったなあ。
光栄ではありますが、ちょっと乖離しすぎてるような気もしますよ。
「道」の世界には及びもつきませぬ。
春から夏のマダニ、夏から秋のスズメバチ、コイツラがいなければ、藪山はもっとたのしくなるのになあ、と思います。
Posted by take_it_easy at 2018年06月29日 20:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。