2018年03月31日

今日の岐登牛山

 いいお天気。雪が解けてきたらあちこちで馬糞が出てきた。よそ見してると踏みつける。気になるひとは足元を気にしたほうがいいかもよ。−0.7〜+11.0℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 昨晩秋に咲き出した花が残っている。雄しべは劣化している。雪の中からカタクリが芽を出してきた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 トビケラの類、成虫で冬を越してきたんだろうか。そのわりにはきれい。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ツルネコノメソウが咲き始めた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 マヒワが2羽、ドサンコマヒワ? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ムカゴイチゴツナギ、基部に球茎あり。小穂が無性芽になる種はいろいろとあるそうな、世界中で。地上部の基部に球茎ができるのもあるらしい。だが、どちらもあるのはこの種(変種)だけなのだそうな。道内へも(国内にでも)定着は局所的らしい、が、これから拡散することが期待(危惧?)されているらしい。撮る前に水で洗った。 (画像クリックで拡大)

おまけ

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ほぼコハクチョウ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 くちばしが黒いのは泥のせい? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ふくろうは1羽 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 アカゲラも1羽 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 19:53| Comment(4) | 岐登牛山
この記事へのコメント
コハクチョウは今から何千キロも離れたツンドラ地帯まで行くのですね。
もうすでに長い旅を続けてきたのかも知れません。
すごいです。
無事を祈るばかりです。
Posted by JRobin at 2018年04月01日 15:24
JRobinさん

本州方面で越冬してきた帰り道なのでしょう。
ちょっと休憩といったところでしょうか。
長旅はすごいですよね。
そうは思いますけど、自分らにとっては当たり前のことなんだなあ、ともおもいます。
アメリカコハクチョウはこの先、一緒に行くのか、どこかで別れるのか、どうなんでしょうか。
Posted by take_it_easy at 2018年04月01日 16:13
アメリカコハクチョウ、
この冬は琵琶湖にも何羽か来たそうです。
近年はシベリアで繁殖するものもあるらしいです。
あのアメリカコハクチョウ幼鳥はいずこへ?
Posted by JRobin at 2018年04月03日 10:28
JRobinさん

「近年はシベリアで繁殖するものもあるらしい」のですか。
ちょっとホッとすることです。
Posted by take_it_easy at 2018年04月03日 14:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。