2017年09月13日

今日の岐登牛山

 ほぼ雨。+14.1〜+19.7℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 カラスに占領された感じがする。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 コカバスジナミシャク。成虫は春秋2回見ることができるらしい。キャンプ場トイレの外壁にたくさん止まっていた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ハシブトガラ、オオハンゴンソウの種子をついばむ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 コゴマヨトウ。寒地系のやや珍しい蛾なのだそうな。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 クスサン (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 水田は色とりどり (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 リンゴドクガ幼虫。名は体を表わさない。ペットにするファンもいるそうな。わたしはイヤです。 (画像クリックで拡大)

 昨日の記事中、ムシトリナデシコのことをムシトリスミレと書いて平気でいた。記事をupするまでに必ず読み直しているにも拘わらず、ムシトリナデシコと書いてるつもりでムシトリスミレと書いて、ムシトリナデシコと読んでいた。いまに始まったことじゃあないのかもしれないなあ。指摘してくださった人がいたからよかったものの、そうでなければ、間違いの垂れ流しをするところだった。わたしの記事を読むお方、どうぞ、眉に唾をつけてください。
posted by take_it_easy at 19:19| Comment(2) | 岐登牛山
この記事へのコメント
みのりの秋の暖かい風景ですね。色ずいた水田が奥の方まで継き、広い。北海道という感じがします。素敵です。
リンゴドクガの幼虫ってエレガンットですね。どんな蛾に変身するのかしら。蛾は普段に気がつかないけれどレンズの目をとうすと沢山の姿と沢山の不思議な模様があるのに驚いています。
Posted by mitsuko at 2017年09月15日 20:38
リンゴドクガの幼虫は、クリーム色が普通なのですけど、たまたま白いのもいるらしいです。
蛾の翅の模様、実に繊細で、御見事、というより他になし、です。
種類は多く、毎日、初めて見るやつがいる、という感じになるくらいで、飽きません。
で、覚えられないからあきません。
Posted by take_it_easy at 2017年09月15日 21:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。