2017年03月26日

鬼斗牛山(キトウシ山)

 ピーカン、いっときくもり。日差しが強くて、上着を脱いだ。−5.7〜+5.5℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 旭川市東鷹栖にある鬼斗牛山(キトウシ山、三角山)へ。市民スキー場を直登から。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 スキー場脇に立つエゾノバッコヤナギ、たくさんあった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 見晴台あたりから奥に続く尾根筋。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 そこは頂上、見晴らしは効きそうにない、と思わせといて。手前に林道が上がってきている。空の雲行きが怪しい。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 頂上から。何年か前に大胆に伐採されて、すっかり展望の山になった。遠くに十勝岳連峰、中ほどは左から岐登牛山、甘水山(三角山)、右に行って旭山、手前は突哨山。 (画像クリックで拡大)

帰途、永山新川に立ち寄って、

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 みんな寝ていたのに、急に一斉に首を伸ばして様子をうかがう。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 バタバタと水面を叩く音に驚いたようだった。この団体はナニに驚いたのか。 (画像クリックで拡大)

さらに帰途、融雪促進された田んぼで

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ハクセキレイがいた。(コハクチョウ+アメリカコハクチョウ)÷2みたいなヤツと。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 キタキツネもハクチョウも、互いに関わり合いのないことで、かどうかはわからないけど。 (画像クリックで拡大)

さらに帰途、岐登牛山で

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 カタクリ抽苔はじまる (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:20| Comment(2) | 東川近郊の低山
この記事へのコメント
千羽ガモですね。この画面以外にもいたでしょうから、さぞ壮観だったことでしょう。
羽音が聞こえてくるようです。ソワソワと北を目指しているのでしょうか。
Posted by JRobin at 2017年03月29日 16:16
JRobinさん

はい、もっともっとおります。
このケースでは、何かに驚いて飛び上がり、すぐに近くに降りました。
我関せずの連中がほとんどでした。
この連中の北帰行もまもなくですね。
Posted by take_it_easy at 2017年03月29日 18:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。