2017年03月25日

今日の岐登牛山

 −5.4〜+4.1℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 この東川市街の様子から、「北の平城京」とも言われているのだとか。稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ハシブトガラ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 フクジュソウ、2時間ほど経って、花弁は満開か、と見に行ったら、雪はなくなっていた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 陽気に浮かされて這い出してしまった、カメノコテントウ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ミズナラ殻斗は結構残っているもんだ、と気づいた。ヒヨドリが、ではなくて、わたしが。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 こちらも陽気に浮かされて、マダラナガカメムシ。カメノコテントウも混ざってる。展望閣で。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 しぶとく居残ってる、ウソ数羽。 (画像クリックで拡大)

 碁盤目状の市街地、北海道ではよく見かける計画的市街。ちょっと小高いところにたてば、あちこちで。さて、平城京がやむにやまれず長岡京に遷都しなければならなくなった理由のひとつに、聞きかじりでは、水利がうまくゆかず(十分な河川が近くにはなく)、周囲に巡らせた排水溝は機能せず、汚物の処理に失敗したから、ということがあったようだ。翻って、わが東川町は「水が潤沢な町」「美味しい水が豊富な町」だ。平城京に似ているなんて、その東川の美点を打ち消すようなもんだ。あまり嬉しくないっす。
posted by take_it_easy at 21:34| Comment(0) | 岐登牛山
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。