2017年02月23日

今日の岐登牛山

 道路は雪解け水でびちゃびちゃ。−4.5〜+2.1℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 どんより。昼ころにはみぞれのような雪のようなものが降ってきた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 遠くのコゲラ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 遠くのアカゲラ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 エナガ、ヤマザクラで毛づくろい中。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 上と同じ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ヨーロッパカエデの樹液をなめる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 カラマツにマヒワが15羽ほど。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:14| Comment(4) | 岐登牛山
この記事へのコメント
コゲラさんが主役ですが、脇役の樹木さん、ドラマを感じさせる幹の生え方ですね。
エナガさん、頭が下でも大丈夫なんですね、オモシロイ。
Posted by ウマノスズクサ at 2017年02月24日 20:02
ウマノスズクサさん

コゲラが止まってる木
アカゲラが止まってる木
エナガが樹液を飲んでる木
どれも一列に植えられたヨーロッパカエデ(葉がいつも紫褐色の品種)と呼ばれるヤツだとおもいます。
気温が上がってくるこの時期には、樹液を求めて鳥たちが寄り道していきます。
なるほど、改めて眺めると、幹はそれぞれ個性的な姿をしてますね。
枝の出方がちょっと気になりますか。

鳥って、結構アクロバティックですよね。
ニンゲンなら鼻に入りそうな姿勢も平気。

撮れないけど。
Posted by take_it_easy at 2017年02月24日 20:48
遠くのコゲラの樹は、樹のまたから稚樹が育ち、周囲の幹、枝と癒合してしまっているのかな、と想像しました。
鳥さん、写真だとかわいく写っているの多いですが、生き物ぽくってオモシロイです。
Posted by ウマノスズクサ at 2017年02月27日 19:46
ウマノスズクサさん

なるほどね、そうにもみえますね。
そうかもしれません。
こんど、じっくり眺めてみます。
この10本の並木は移植時に多少の損傷があったのか、
樹姿がそれぞれに個性的な感じがします。

なかなかに鋭いところがあり、掛け値無しに生きてます。
そんなところが表現できれば、とも思いますけど、
わたしの意図はただ、見たよ、というだけのこと。
かわいいのもこわいのも、たまたま、デース。
たまたまでも、伝わってれば、うれしいです。
Posted by take_it_easy at 2017年02月27日 21:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。