2016年07月01日

今日の岐登牛山

 きょうも暑い、が、きょうも真夏日一歩手前。チョウがいろいろ、留まるチョウと留まらぬチョウと。留まらぬチョウもいずれは留まる、そうでなければ落ちねばならぬ。+15.3〜+29.6℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ふと見上げた斜面の上で、太陽の光をいっぱい受けて、コウリンタンポポは伸び上がる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 太陽を受ければ赤味を差すのだろう、そうでなければささないのだろう、か。ナツハゼ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ウリノキは日陰(葉陰)で花を咲かせる、まだ咲いてないけど。ヤマ?キマダラヒカゲ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 この種はいっぱい。ライト兄弟以前の冒険家が試みた飛行術はこの種を真似たのではないか、と思わせるような、水泳では平泳ぎのような推進法。この種はみんなヒメウラナミジャノメ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ヒメシジミ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ミスジチョウ、翅裏は日の当たり方のちょっとの違いで、茶と黒とを行ったり来たり。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 日陰のアカゲラ (画像クリックで拡大)

posted by take_it_easy at 18:23| Comment(2) | 岐登牛山
この記事へのコメント
斜めに伸び上がるコうリンタンポポの輝く朱色と草色。裾に白い小さい花々。安定した優しい感じがします。
バックの黒色に調和して素敵なさくひんですね。
ナツハゼといえば赤色を連想しますが、その前にこんなに可愛いベルのような花が咲くんですね。
ヒメシジミ、そのままの命名ですね。幼子のワンピースにしたいような模様です。
一連の画像、愉しませて頂きました。
 
Posted by mitsuko at 2016年07月01日 22:01
満艦飾です。
Posted by take_it_easy at 2016年07月01日 23:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。