2016年06月26日

今日の岐登牛山

 雨。+11.4〜+14.8℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 今年はやけに多いような気がする、カラスのこと。西の方から引っ越してきてるんじゃなかろうね。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 セイヨウミヤコグサ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ヒメナデシコ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 アヤメ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 こちらへ転進 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 林道の急カーブのむこうに出た途端、バタバタバタっ。この1羽だけ見つけた。怒髪天を衝く。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 そそくさと立ち去って、しばらく後に引き返してきたら、その急カーブのむこうで、バタバタバタっ。子たちだけ、左右に飛び上がり、母親はこの状態。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 上の子とはたぶん別の子。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 林道入口で、開けたドアの窓ガラスに飛んできた。タテに5mmほどの小さなヤツ。牙があるからキバガの類か。「あおもり昆虫記」にあるキマダラヒラタマルハキバガというのがいちばんそれらしいのだけど、「みんな蛾」の分布域に北海道は記載されず、他にネットの情報はほとんど見つからず。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:13| Comment(2) | 岐登牛山
この記事へのコメント
エゾライチョウの子ども、かわいいですね。尾が無くても足がしっかりして大丈夫そう。
親子はどちらも鳴くのですか?
Posted by JRobin at 2016年06月27日 15:01
JRobinさん

尾のないシマエナガがちゃんと飛んでいました、この冬に。
不自由があるのかどうかは判りませんけど、あるものがなくても飛べるんですから、
ないものはなくてもアタリマエのことなのでしょうよ。

鳴いてるところは聞いたことがありませんけど、どうなんでしょうか。
母親は高周波で泣いているような気がします。子には聞こえてる、きっと。
何枚か撮った中にはぼけてるけど口を開けてるところもあります。
びっくりして飛び上がるときも声は聞こえませんね、羽音?だけ。
子のほうは、じっと動かず、気配を消してます。でも親には聞こえる声で鳴いているのかもしれませんね。
Posted by take_it_easy at 2016年06月27日 22:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。