2016年06月18日

今日の岐登牛山

 降らなさそうで降らなかった。空は暗い。+13.3〜+16.2℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ハリエンジュ(ニセアカシア)がいっぱい。アカシアの雨には打たれなかった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 チッチッて、あちこちから聞こえてきて、探すがどこからか特定できず。このホオジロ♂はすぐそばの小麦畑に飛び込んだ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ヒトスジアツバ、向こうから一筋の光明が・・・ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 アオジ♂、上に行ってさえずった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ヒナたちが四散したので気がついた。チラチラ振り返りながら誘う。でも、騙されんぞ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 1羽発見 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 バタバタと飛び上がるからうっかりそちらに気を取られた、しまった、その隙にヒナたちを見失った。まんまとしてやられちまったわい。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 セイヨウオトギリ、たぶん。コゴメバオトギリという亜種かもしれない。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 これで区別がつくかと思ったけど。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 エナガの学校は森のなか、そーっと覗いてみてご覧。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 見られてる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 年長さんか? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ミヤママタタビ両性花。雨に濡れて花弁は透明に。勿体無くて食べられないけど、こんなお菓子がありそうな、水無月風の。 (画像クリックで拡大)

おまけ

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 右側の畔にはこのほかに、オオヨモギ、アカクローバ、ミミナグサ、コハコベ、スギナ、ナズナ、スカシタゴボウなどがはびこっていた。ほかにも、いろいろありそう、優占種ではないものの。 (画像クリックで拡大)

posted by take_it_easy at 21:08| Comment(6) | 岐登牛山
この記事へのコメント
わっ、ありがとうございます!
ノハラムラサキは北では雑草になるんですね。
(関東でもなっていて、私が知らないのかもしれません)
メマツヨイグサをヒメムカシヨモギとしていました。
草形、覚えておこう。
ナガハグサ。ふむふむ。

見られてる。
目があっちゃいますね。
Posted by ウマノスズクサ at 2016年06月20日 15:37
ウマノスズクサさん
畦畔に生えていますから畦畔雑草ということでしょうかね。
非農耕地雑草でもありますよ。
庭でもやたら増えて、駆除するなら大変です。庭の花だと思ってれば可愛くていいのですけどね。
先日は秋まき小麦の中で見ましたから、耕地雑草にもなりますね。
で、「北海道の耕地雑草」に新ページを加えたところです。
幼植物画像はこれから撮らなくっちゃです。

はい、見てますよ。
Posted by take_it_easy at 2016年06月20日 20:50
北海道の耕作地雑草、早速チェックです。
Posted by ウマノスズクサ at 2016年06月21日 22:51
ウマノスズクサさん
幼植物の写真を撮ってきました。
「北海道の耕地雑草」に追加します。ちゃんと写ってたら。
Posted by take_it_easy at 2016年06月22日 15:24
会津で見たノハラムラサキ、やっぱりクリーム色なんです。
Posted by ウマノスズクサ at 2016年06月22日 20:28
ウマノスズクサさん
クリーム色のがあった、ということはご覧になったのですから間違いない。
ネット上では、ノハラムラサキの咲き始めはクリーム色、と記述されているのもあります。
ハマワスレナグサというのもあって、種小名はdiscolor、はじめは黄色(クリーム色?)、のち青(紫?)の2色なんだそうです。東北にも広がっているそうです。ネットからの俄勉強です。(眉唾も含む)
他にもあるかもしれません。
多少の変異はあるのでしょうしね。
Posted by take_it_easy at 2016年06月22日 21:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。