2016年06月09日

今日の岐登牛山

 暗い一日。暗いけど、エゾハルゼミはうるさい。六月蝉と書いてもうるさいと読む、かもしれない。+13.8〜+19.7℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 雨はまだ。稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ミヤマオビオオキノコが数頭、エゾヤマザクラの幹にへばりついたキノコを食べていた。それを眺めていると、視界の端にちらっと動くものが見えた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 たしかにちらっと見えたはずなのに、変だ、何もいない。変な苔が張り付いているだけだ。そうだけど、なんかいるやはり。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 体長10mmくらい、コケの屑をまとっている。この苔を食べるムシ(幼虫)、シラホシコヤガ。成虫だって小さい、前翅長7mmほど。見ているといじらしくなる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ヤマシャクヤク、結実に向かう。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 エゾハルゼミ、佳境に入っているのか、逃げない。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 サイハイラン、もう咲いてる、のがある。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:15| Comment(2) | 岐登牛山
この記事へのコメント
幼虫の毒々しいのは見かけますが、これは究極の擬態ですね。素晴らしい!見つけた方も!
Posted by JRobin at 2016年06月10日 09:25
JRobinさん
見つけたのはたまたま、名前もたまたま。
成虫は画像を1枚だけ持ってました。
あの苔が動いたのには感動したな。

そうです、これぞまさしく擬態と呼ぶべきです、よね。
何かが何かに似ているというのを擬態している、というのはおかしいですけどね。
Posted by take_it_easy at 2016年06月10日 20:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。