2016年05月24日

今日の岐登牛山

 +9.2〜+23.9℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 サルメンエビネ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 いろいろなエビネがあるようだけど、たいていは産地名や花色から名付けられているようで、猿面というのはけっこうユニークな名付けのようだ。が、ここからはどんな猿をイメージしたのだろうか。もとい、どんな猿からこの花をイメージしたのだろうか。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 マムシグサ雄花序を上から覗く。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 上を開いてみたら。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 開いてみたらこれは雌株だった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 これは雄株、中にはいった訪花昆虫が脱出できるようになっている。雌株では閉じているらしい。閉じ込めておいていいことはあるのだろうか。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 5月蝉と書いて5月蝿と読む。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 なんのポーズ? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 キラリーン (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 チョウセンゴミシ、雄花。図鑑によって雌雄性の記述がいろいろ、おもしろいけど、なにを頼りにしていけばいいのか。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 花弁脱落、1枚2枚・・・。ヤマシャクヤク (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 たぶん抱卵中のヤマゲラの巣の中をカラスヘビ(シマヘビ?)が襲う。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ♂が応戦、とはいえ、手の(クチバシの)施しようもなく、まもなくここから離れて、そばの木に移った。さて、このあとは見ていないけど、どうなっているだろうか。ヘビは全部を食べ尽くすとは限らないけど、さて。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ノビネチドリ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ノビネチドリ (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:44| Comment(2) | 岐登牛山
この記事へのコメント
五月蝉はいつ頃からなきますか?あなぐまの春蝉、いつも目を凝らしてさがすのですが、見つからない不思議な蝉達でしたが、みせていただきました!蛙も一緒にないています。
Posted by mulde at 2016年05月26日 05:53
muldeさん
このエゾハルゼミは、この辺りでは5月半ばから鳴き始めます。
そのうちエゾゼミと入れ替わってる。
そうですね、なかなか見つからない、けど、わりと見つけやすいことでもありますね。
セミとカエルと、うわー、やかましそう。
Posted by take_it_easy at 2016年05月26日 16:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。