2016年03月26日

度々の「森の大長老」まで

 新雪が薄く積もって、春山スキー散歩には絶好の条件、だと思い込む。−2.6〜+5.4℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 往きは曇り、これは還りのとき。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 林道はこのとおり。粘りつくこともなく快調。下りも快調だった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ダケカンバにヤドリギ、着果はなし。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 「森の大長老」を見上げて、ふと、考えた。これは老木、それとも壮木。ミズナラの寿命ってどれくらい? ネット上には、ヨーロッパの原生林での寿命は300年ほど、経済林の伐期は160年だとの記事あり。さらに、北海道では、原生林での最高樹齢が625年、平均樹齢は250年くらい、とも。正確にはどうだかわからないけど、「森の大長老」は十分、大長老の資格あり、のようだ。ちなみに、このミズナラの樹齢は500年超だとのことだった、たしか。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 「森の大長老」の幹に生えるオシャグジデンダ。本種は山地の「老木」に生えるのだそうな。乾燥標本にすると巻き上がるそうだけど、そうでなくても巻き上がることもあるようだ。春が来て、嬉しくて、舞い上がっている、訳ではなさそう。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 さえずりが聞こえた。ミソサザイ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 カワガラス (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 餌を獲っているのかと思ったが、 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 巣材を集めているのだった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 キタキツネ (画像クリックで拡大)

posted by take_it_easy at 20:09| Comment(0) | 東川近郊の低山
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。