2016年03月12日

今日の岐登牛山

 ヨーロッパカエデの樹液は美味しいらしい、鳥たちにとっては。−8.4〜−1.3℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 上空は青空。南端展望台から。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 以下、ヨーロッパカエデにて。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ハシブトガラが来て、 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 エナガが来て、 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ゴジュウカラが来て、 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 エタンなエナガも来た。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 すぐ近くにまで来た。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 以下は別の場所で、シジュウカラが来て、 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 トビの幼鳥(若者?)が飛んでいて、 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 オオアカゲラ♂はクルミをくわえていて、 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 オジロワシは旋回していた。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 19:57| Comment(2) | 岐登牛山
この記事へのコメント
エナガのアイラインってこんなにお洒落だったのですね。このエタンが特別?
オオアカゲラがクルミをくわえているのも初めて見ました。
次々発見させていただいています。
Posted by JRobin at 2016年03月16日 10:17
JRobinさん
アイラインというのでしょうか、黄色っぽいまぶたみたいなのがあるようですね。
幼鳥には赤っぽいのがあるようです。
エタンにかぎらず。亜種シマエナガにかぎらず。

アカゲラでは見かけないのですが、それはなぜか、
くるみを割る力がないのでは、と聞きましたが、わたしは、クチバシのサイズが合わない、というか、咥えることができにくいのではないか、とおもっています。
さて、真相は?
なお、「岐登牛山彩々」のオオアカゲラの項でも何点か陳列しています。
Posted by take_it_easy at 2016年03月16日 18:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。