2016年03月03日

鷹揚

 ほぼ曇り、薄く霧もかかって、小雪もぱらつき、行ったところが森林、で、暗かった。−14.4〜−5.0℃。
 ピーーピーピーピーーー、クマタカの声が聞こえた。姿を求めて声に近づくと、ふわっと飛んで、場所を変えた。あの飛び方、そうか、「鷹揚」って、このことか、なるほど、昔の人はすごいなあ、って、自分が「鵜の目鷹の目」になってるだけじゃ。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 帰路の沢形地形はトドマツの植林地 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 スラリとしたカケス (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 目の前の枝被り、なんとか避けようとして、雪の斜面を少し下って、もう少し下ると、そこは崖の上。もうダメ、と諦めかけたら、察知してくれて、まさか、首をすくめた。幼鳥だね。若鳥だね。どっち? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 だめならばと横に移動。枝被りはなくなったけど、今度は幹被り。頻繁に啼く。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 こんどはあちらが移動、どうやらこちらが動くと、あちらも動く。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 啼く。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 冠羽を寝かせる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 立てる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 こっち向いて、そして、啼きながら飛んでいってしまった。そこらへんにいるのだろうけど。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ヤドリギはたくさんあり。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 果実が残っているのはことごとくアカミだった。 (画像クリックで拡大)

posted by take_it_easy at 19:17| Comment(4) | 東川近郊の低山
この記事へのコメント
絶滅危惧種登場、鳴く姿も凛々しいです。
幼鳥なのか若様なのか、え〜、尾羽の横線が、え〜、
とにかく命を繋いでいることは確か。
無事たくましい成鳥になって欲しいものです。
Posted by JRobin at 2016年03月07日 10:04
JRobinさん
幼鳥と若鳥とはどう使い分けたらいいのか判りません。
教えて下さい。
この個体は、虹彩の色、胸の色などで成鳥じゃない、とはわかったのですけどね。
Posted by take_it_easy at 2016年03月07日 17:43
詳しくは知りませんが、幼鳥は尾のバンドの数が多く、全て見えている写真があればわかると思います。
翼のバンドも多いので飛翔姿で判るのではと思います。
幼鳥(2才くらいまで)から若鳥→成鳥へは数年で次第に変化するでしょうから、境目は難しいでしょうね。
Posted by JRobin at 2016年03月14日 17:39
JRobinさん
ありがとうございます。
若鳥とか亜成鳥とかはなんとなくはっきりしないようですね。
Posted by take_it_easy at 2016年03月14日 18:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。