2016年01月30日

鬼斗牛山

 よく晴れて穏やか、気温の割には暖かかった。今日明日、大倉山でスキージャンプのワールドカップ、毎年出掛けていたけれど、今年はついに日和ることにした。盛り上がっていることを、まもなく7時から本戦中継開始だ(ナマではもう終わってるはず)。一方、女子はOberstdorfで今深夜から。勢藤優花が予選を1位で通過したらしい。−20.1〜−8.7℃。
 きょうは旭川市東鷹栖にある鬼斗牛山へ。岐登牛山とは姿も形も生い立ちもよく似ている。石狩川を挟んで、まるで織姫と彦星とのようだ。いやちがう、織姫と彦星とは他人だけれど、この両山は兄弟姉妹の関係だ、なんて思っていたけれど、歩きながらふと考えた、織姫と彦星も時代を遥かに遡れば、身内であったろう、両山とも、さらに遥かに遡って初めて兄弟姉妹の関係が確かめられる、ということはどちらも同じような関係だね、と。なんて妄想していたら、知らぬ間に頂上到着、のようなもの。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 左端から登って右端の頂上まで往復。市民スキー場はまっさら。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 スキー場の途中から。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 稜線から天塩岳が見えた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 車道に出たからまもなく頂上。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 大胆に伐採されているから、見晴らしはすこぶる良好。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 右に岐登牛山、左に黒岩山がみえる。手前は突哨山。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 大雪山には雲がかかってる。朝には見えていたのにな。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ヤドリギを1株だけ見つけた。実を確認できない。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ・・・ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ・・・ (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:27| Comment(2) | 東川近郊の低山
この記事へのコメント
晴れていると雪景色もいっそう美しいですね。
色とりどりのグラデーションの光玉はこの世のものとは思えません。
Posted by JRobin at 2016年01月31日 08:59
JRobinさん
ピントを合わせるとただそれだけになってしまうから、ボケさせてみました。
バッチシでしょ。
Posted by take_it_easy at 2016年01月31日 18:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。