2015年12月23日

「森の長老」を見に行く

 気持ちいいくらいにシバレた、青空が素敵。雪の白さもまた素敵。「森の長老」「森の大長老」どちらにしようか、景色は「森の大長老」の方がいい、でもこのまえ行ったばかり。で、「森の長老」のところまで。長老らしく、白髪白髭がみごとになってる、かも。−17.6〜−4.0℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 これ。右奥には化雲岳。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 雪も空も空気もキレイ。実物はね。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ウザギの足跡くっきり。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ハンノキのような木のてっぺんに団子がひとつ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 アカミヤドリギだ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 オオアカゲラ、闖入者を忌避。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 こんな台地状のところの端にそれは立ってる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 こんなふうに。左手に旭岳。前回(今春)来た時とは反対側から接近した。 (画像クリックで拡大)

 帰途、忠別ダムの堤体から

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 湖面にカモの群れあり。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 休息 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 位置によってはギラギラ感いっぱい。実物は湖面が真っ黒な感じ、ギラギラは眩しいくらい。カモは真っ黒で見えない。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 天の川と織姫彦星を狙ってみたが、そうそうはうまくいかないね。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 19:41| Comment(2) | 東川近郊の低山
この記事へのコメント
息を呑むような美しい雪景色の数々。
変化に富んでいて、雄大だったり、繊細だったり、それぞれに引き込まれてしまいます。
水の模様も美しい。それにしてもあんなところで休息するカモ、今度動こうとしたら水掻きが氷にくっついているなんてことはないのでしょうね。
Posted by JRobin at 2015年12月24日 17:27
JRobinさん
カモをバカにしてはいけませんよ。そんなドジをやってたら生きてはいけません。

水かきには毛細血管が縦横に密に張り巡らされてるんでしょ。
水かきに接する水はほんの僅かでも凍ることなく、水のままなのでしょう。
そうでなければ氷かきになってしまいます。かき氷の季節はまだ恋しくはありませんけど。
Posted by take_it_easy at 2015年12月24日 18:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。