2015年11月23日

今日の岐登牛山

 「岐登牛山で見かけた鳥たちの撮影時期の一覧」ページを「岐登牛山彩々」の「動物」に追加しました。あくまで「掲示している画像の撮影時期の一覧」で、「その時には確かに居た」ことだけを示すものです。枯れ木も山の賑わい、すでに朽木と化してはいますけど、そんなところです。散歩のお供にもなりませんけどね。−6.5〜+0.9℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 稲積ピークの展望台から。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 以下、雪とキツツキ三題 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 雪と林と。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 雪と道と。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 タマバチの類。単眼に水玉が乗っかってるのが名前の由来、というわけではないとは思うけど。水玉を通した単眼ではどんな像を結んでるのだろうか。そばにいるわたしの像がよほどの怪物に映ってるのかもしれないな。♀、産卵管みたいなのがある。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 クモガタガガンボの類。♂ (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:16| Comment(4) | 岐登牛山
この記事へのコメント
三題目は
こげらですか?
Posted by mulde at 2015年11月24日 08:17
muldeさん
ご明察!
Posted by take_it_easy at 2015年11月24日 08:48
鳥たちの撮影時期一覧、大変興味深いです。
この鳥は春から夏だけなんだ!と鳥の移動に想いを馳せることができます。
本に書いてあるのではなく、実際にお撮りになられた記録ですので、実感が湧きます。
Posted by JRobin at 2015年11月25日 09:21
JRobinさん
わたしの意図を読み取ってくださってありがとうございます。
それはそうなんですけど、
残念なのは、
空白部分の去就にはなんの確証もないことです。
「撮ってはいません。」だけですから。
「いたかもしれませんね、きっといたんでしょう、いなかったかもしれませんけど。」
Posted by take_it_easy at 2015年11月25日 15:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。