2015年06月08日

今日の岐登牛山

 厚着して行ったら暑くなってしまった。+8.7〜+21.3℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 帰り、トムラウシの山肌だけが明るかった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 少なくとも8羽のアオバトが見える。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 リンゴヒゲボソゾウムシというらしい。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 卵を保護する母ヒメツノカメムシ。我が子の孵化後も2齢くらいまでは飲まず食わずでいるらしい。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 完璧。セイヨウミヤコグサの花たち。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 サルメンエビネ、盛りを過ぎていた感じ。おどろいたこと、こんなところまで「ヤマ」ネコが進出している。ちょっと目障りだね。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ヒメアカタテハ、越冬、それとも遠来? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 コヒオドシとヒメウスバシロチョウと。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 エゾノクモキリソウ。あまりに暗いからヘッドランプ(LED)を当てた。(画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 頭の毛はあまり立っていない。怒っていないわけでもなかろうけれど。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 こちらはケッケッケッとうるさいこと。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:54| Comment(8) | 岐登牛山
この記事へのコメント
参りました。7羽しかわかりません。
ゾウムシって黒っぽい茶色ばかりだと思っていましたら、こんなにおしゃれなのもいるのですね。
母カメムシ、大変そう。触覚が1本無くなっても。
Posted by JRobin at 2015年06月09日 14:36
JRobinさん
わたしもはじめは7羽かとおもいました。
でもね、よくみると、8羽ですよ。
さあ、いま一度、じっくりとご覧になってください。

(リンゴヒゲナガゾウムシ+アオヒゲボソゾウムシ)÷2=リンゴヒゲナガゾウムシなのだそうです。これにも苦戦しました。分類界の進歩なのでしょうけど、迷惑です。

母カメムシも当たり前のように過ごしているのでしょう。淡々と。
Posted by take_it_easy at 2015年06月09日 17:14
トムラウシ
先日四国松山の実家にいきましたら
なんと、
トムラウシと雪渓と湖と
登山者の水彩画が壁にかけられていました。
もひとつ、なんと、
母の手によるものでした!
山に登りまくっている母が
一番心に残って、どうしても描きたくなったんだそうです。
びっくり。

アオバトたくさんですね!
声ばかりきいています。
Posted by muldeo at 2015年06月10日 13:04
muldeさん
へえー、お母様はトムラに登ったことがおありなんですか。
わたしの住まいからもすぐそこに見えますけれども、
どこから登っても、一番奥の一番遠い山ですから、
どこから登っても、美しい気配の中を歩くのですから、
強く心に残るのもよくわかるような気がします。
その絵、見てみたいなあ。

アオバト、たくさんいます。
声ばかり聞いてるようなものです。
あの声、耳について、そのくせ、ちらっと見せてはすぐ逃げて、
もうたくさん、と叫びたい感じもします。


Posted by take_it_easy at 2015年06月10日 19:20
どのつく
素人なのに
どうしても描きたくなったんだそうで、がっかりなさるかもしれませんが、機会があったらお届けします。
優しい筆致でした。
Posted by mulde at 2015年06月12日 10:17
muldeさん
たのしみにしておきます。
お母様は公開を許してくださるでしょうか。
Posted by take_it_easy at 2015年06月12日 19:17
右端が2羽重なっているのですね!合っています?
Posted by JRobin at 2015年06月13日 08:31
JRobinさん
あたりーっ。
黄色っぽくて右向いてます。
お付き合いくださってありがとうございます。
Posted by take_it_easy at 2015年06月13日 09:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。