2015年05月04日

今日の岐登牛山

 +8.6〜+27.8℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 水田に水が入りはじめた。稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ニュウナイスズメ♂ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ニュウナイスズメ♀ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 林内のエゾヤマザクラ、あのあたりからオオルリとセンダイムシクイの声が聞こえた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 オオルリはいた、が、撮ろうとしたタイミングで飛んだ。今年初聞き初見初撮り。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 フデリンドウ、はなびらぼうしがちょこん。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ヒトリシズカ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 桜の下で青年が、初音ミクのフィギアをモデルに撮影会。で、撮らせてもらった。「青年よ大志を抱け」。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ウスバキエダシャクのいる木肌。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ハサミムシも飛ぶんだ、へえー、って当たり前だろ、と言われそうだが、意外な感じだった。飛んできて、眼の前を横切り、留まった。エゾハサミムシ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ちゃんと産卵していた、ヒメギフチョウの卵。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 一昨日よりもさらに奥で、こちらを窺うヤマネコ。アマミノクロウサギをねらうノネコの話題が今朝の道新に出ていたが、それほどには話題にはならないかもしれないけれど、このササヤブで繁殖しようとしていたウグイスやヤブサメたちにとっては脅威だろう。というより、先日まで聞こえていた啼き声が聞こえなくなったのはなぜ。このネコ、決してノネコではない、とおもう。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 コゲラ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 新緑の新葉展開とともに咲くエゾヤマザクラ。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 19:25| Comment(4) | 岐登牛山
この記事へのコメント
ウスバキエダシャク、疲れました。
拡大してもわからない。さては幼虫かもと思いましたが、
何度目かに拡大したときにやっと見つかりました。横止まりをしていたなんて。
お見事としか言いようがありません。蛾も撮影者も。
Posted by JRobin at 2015年05月05日 16:11
JRobinさん
お疲れ様です。
お付き合いくださってありがとうございます。
気づくことはほとんどありませんけど、また機会があれば挑戦してください。

Posted by take_it_easy at 2015年05月05日 18:19
「林内のエゾヤマザクラ」というのは岐登牛山自生のサクラなのでしょう。
まだ咲いていましたか!♪
だいぶ高いところのものかもしれませんね。
鬼斗牛山にもポツポツあり、山肌として眺望してたのしんでいます。
Posted by 旭川3sen6gouのまりあ at 2015年05月07日 06:40
旭川3sen6gouのまりあさん
ご期待に応えて、山中自生のサクラをお見せしましたよ。
サクラで埋め尽くすつもりなのかも、と思わせるくらい、植樹が行われています。
そのうちますます、行楽向きの山になりそうです。
それはそれで結構ですけど、ね。
Posted by take_it_easy at 2015年05月07日 16:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。