2015年02月20日

江卸山

 ひょっとしたらスキーを使えるかもしれない、と、手近な江卸山へ。が、日当たり斜面、少雪に加えて高温気味の日が続いていたし、で、快調なわけがない。モナカと粉砂糖と黒砂糖、飴も。−10.9〜−0.1℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 高圧線跡に植えられたカラマツが絶え間なく育ってる。あのてっぺんで振り返ると、 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 忠別ダムの堤体と、三角点のない岩山、右に三角点日暮山。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 頂上にあるヤドリギ、実は赤い。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 薄眼のフクロウ。 (画像クリックで拡大)

おまけ

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ブドウを飲み込もうとしているヒヨドリの舌には戻しがあるみたい。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:33| Comment(2) | 東川近郊の低山
この記事へのコメント
ヒヨドリの舌、すごいですね。だから大きな実でも挑むことができるのでしょう。
限度いっぱいの感じですが、実は凍っていないのでしょうか。
Posted by JRobin at 2015年02月24日 15:54
JRobinさん
何度もえぐそうに吐き出していましたよ。
見ているだけでこちらの喉が詰まりそうになりました。
あの戻しみたいなの、硬いのかなあ、やわらかいのかなあ。
崩れはしないようです、梅干しの感じですけどね、遠目では。
Posted by take_it_easy at 2015年02月24日 18:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。