2014年07月08日

もうひとつのキトウシ山(鬼斗牛山)

 鬼斗牛山は、岐登牛山と成因や植生などがよく似ており、兄弟姉妹の関係にあると思われる。石狩川を挟んで、おり姫星とひこ星との位置関係にあるようにみえるけれども、ザンネン位置だけ。きのうは七夕だった。岐登牛山を、観光資源としても捉える局面で「キトウシ」と記述される場面がけっこう目に付いている。岐登牛山への愛着がそうさせるのだろうけれど、鬼斗牛山およびあの山を愛する人々へのrespectが少しだけ不足しているのではないかなあ、と常々思っている。たいしたことじゃないかもしれないけどね。+17.6〜+29.0℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 姿も岐登牛山と同じようだ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 左奥に岐登牛山、見透せれば大雪山が迫ってくる。頂上から。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ウメガサソウ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 あれっ、なんか変わってる、このクルマユリ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ほらねっ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 たいていのはこう。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 真ん中の棚田の転換畑を見に来た。頂上から。 (画像クリックで拡大)

おまけ

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 小麦の中のカミツレモドキ。嗅ぐとウエッ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 小麦の中のコシカギク。作物の中でこんなに多発しているコシカギクを初めて見た。これを見に来た。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:22| Comment(2) | 東川近郊の低山
この記事へのコメント
わたしは5才の時に三角山(鬼斗牛山)が、
6才の時に大雪山群のあの稜線が意識されて現在に至るです。
10線16号(1年間住んでいた)からの三角山、
1線9号(入学した近一小グランド)からの大雪山でした。

無事に小麦畑の雑草見ができて、
よろしゅうございました。
めでたし!

ウメガサソウ、
なかなか花の中を覗き見できないですよねぇ…。
Posted by 旭川3sen6gouのまりあ at 2014年07月09日 07:20
旭川3sen6gouのまりあさん

あのあたりのヌシですな。

めでたさも中くらいなり、です。もっと早くに気づいてればねえ。

ウメガサソウ、
覗くのは体への負担が大きくなりますからね。でも、覗かぬが華です。
Posted by take_it_easy at 2014年07月09日 14:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。