2014年06月26日

今日の岐登牛山

 惜しい、真夏日に至らず。我が家では軽く突破、たぶん。+12.8〜+29.7℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ワスレナグサとエゾスジグロシロチョウ、と、ウキクサの類。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 黙ってる時間のほうがはるかに短いキビタキ♂ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ナワシロイチゴとヒメウラナミジャノメと。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ヌルデとアカシジミと。 (画像クリックで拡大)


 あちこちから、野鳥の仔たちの巣立ちのたよりが伝わってくる。さて、こちらは挫折の記録。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 巣が完成していた。前日にはなかったから、まる1日以内で仕上げる早業。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 その3日後、産卵あり。以後毎日、1個ずつ産み落としていく。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 4個目。3年前にはここで終わって、抱卵放棄だった。卵は4個とも残っていた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 5個目。以後、抱卵に入る。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 抱卵6日目、いたいた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 きょう(6月26日)8日目のはずが、なんだか様子がおかしい。おそるおそる近づいていって、覗くと、巣は荒らされ、卵は消えていた。このオオルリはどこへ行った? (画像クリックで拡大)
タグ:チョウ トリ
posted by take_it_easy at 19:53| Comment(4) | 岐登牛山
この記事へのコメント
オオルリの子育ての様子をみたかったね。
Posted by mitsuko at 2014年06月27日 21:35
まあね。
たぶん、いつもさえずっていたヤツの身内だったんだろうから、どうしているか、そちらのほうが気になってます。
せんないことだけど。
Posted by take_it_easy at 2014年06月27日 22:03
うちの、庭の巣箱にキビタキが入ったんですが・・・ カラスか何かに巣箱を破壊され・・・残念。オオルリもキビタキも、開口部が大きな樹洞を使うのですね。うちの巣箱は、シジュウカラ用の12mmの巣穴だったのに、キビタキが入ったのはキセキでした。 オオルリの営巣見てみたいものです。
Posted by markee at 2014年06月30日 00:29
 markeeさん

 今シーズンはよくキセキに遭遇なさいますね。羨ましいな。
 シジュウカラ用12mmって、そんなに小さな穴でもいいんですか。我が家の郵便受けに巣材を運んだことがありますけど、新聞は入るし、で、すぐに諦めていきました。
 3年ほど前、岐登牛山でキビタキが枝の抜けた穴で営巣していました。直径、40mmあるかないかの感じでした。めでたく巣立って行きました。
Posted by take_it_easy at 2014年06月30日 21:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。