2014年06月20日

きょうはウラ岐登牛(東面)の林道歩き

 きょうはウラ岐登牛(東面)の林道歩き。いつもの南西面とはまた違った趣。見つかるムシたちも、またいろいろと。+13.2〜+21.1℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 林道入口の方を見る。砂利が敷かれて歩きにくくなった。が、マダニの心配は少なくなった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ニホンカワトンボ。ヒガシカワトンボからオオカワトンボにかわって、そしていまはニホンカワトンボ。ふーん。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 とびっこ、じゃなくて、ちびっこでもなくて、トビの仔。大きな声で親を呼ぶ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 イワニガナ(ジシバリ) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ギンツバメ、みんながコイツと同じように、葉のおもてでじっと留まってくれてたら撮りやすいのに。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 素肌を晒すのは恥ずかしいけれど、って、腕だけどね、肌に食いつく変な虫。ハエのような。渾身の力で食いつこうとしているように見える。チクッと痛い。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 アオナミシャク、明るいとすごくきれいなんだそうだけど、今日は曇天。オビカクバネヒゲナガキバガと。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 シリアゲムシの一種。「札幌の昆虫」にはシリアゲムシ目シリアゲムシ科に一種だけ、プライアシリアゲが掲載されている。それとそっくり。が、有名サイト(昆虫エクスプローラ、虫ナビ)では体色は黒、分布は本州以南とある。わりと専門的とおもえるサイトには、北海道には分布せず、よくにたエゾシリアゲがいる、と記されている。エゾシリアゲの情報は得られない。さて、困ったな。ふーん。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 21:35| Comment(2) | 岐登牛山
この記事へのコメント
ギンツバメの模様は水墨画のようですね。葉表で結構目立つと思うのですが、
葉裏が好きな蛾もたまには葉表にじっと止まればいいのにと私も思います。
Posted by JRobin at 2014年06月22日 19:31
JRobinさん

すごく目立って、節穴からでもよく見えます。
さて、ヒト以外の見られたくない相手からはどう見えてるんでしょうね。

Posted by take_it_easy at 2014年06月22日 20:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。