2021年07月08日

忠別ダムのあたり

 イワツバメはすでに多くが飛び立って、残りはわずか。待ち伏せが役に立たないから、撮れず。昔(今も?)、尾瀬の長蔵小屋で作っていた通信紙はイワツバメ通信と名付けられていた。それでなんとなくイワツバメが気になっている。それで?いやべつに。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 上流側からの堤体 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ハクセキレイ。スタイルよし、声もよし、なんと言ってもいつもいるのが最高。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 イタチハギ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 いつも参照する樹木図鑑には、「蝶形花を多数つける」とある。なるほどマメ科だもんね。でもこれも蝶形花なんだろうか。いやイタチハギではないのか。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 1枚の花弁が筒状になっている。べつの図鑑を参照すると、「花弁は翼弁と竜骨弁が退化し・・・旗弁1枚が筒状となり・・・」とあった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 あっしには関わり合いのないことで。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 下流側からの堤体。きょうは一日ていたらく。 (画像クリックで拡大)

posted by take_it_easy at 18:08| Comment(0) | 忠別川