2020年06月14日

滝へ

 滝の近くは涼しくて、近づくまでは少々暑くて。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 (ユコピの)滝は涼しげ、姿よく。  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 カラマツソウ、後ろは波立つピウケナイ川。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 カワガラス幼鳥、滝つぼ付近で。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 滝からの激流を泳ぎきった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 こうやって見ると、今にも崩れそう。滝に向かって左の側壁は。キセキレイは多量の餌をくわえてる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 無念のエサはカワガラスと競合しそう。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ミヤマハンミョウ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 キベリタテハ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 その裏 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 エゾレイジンソウ、さっきまでは疑いはなかった。あれっ、エゾノだったかな、と確認しようとしたのが間違いの元。北海道には8種もの〇〇レイジンソウが分類されているのだと知った。種小名にはumezawaeだとかhiroshi-igarashiiだとかがある。知る人にはすでに常識なのだろう。新しい花図鑑を購入するか、それとも適当にやっつけるか、これが変種とか品種とかなら無視してもいいのだけれど、種だからなあ。こんな事情、他にもあるんだろうなあ、敷居はますます高くなる。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:28| Comment(0) | 忠別川