2020年03月24日

永山新川

 寒くはないが暖かくもない。気分を変えて普段はあまり出向かない永山新川へ。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 みんな同じカモ種に見える。その実体は、やはり同じ種だとおもう。ところが具眼の士には数種が入り混じってみえるようなのだ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 往路の途中で。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ほぼ全部この種、♂ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 その♀ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ♂の背面 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 カモじゃないのもいた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:15| Comment(0) | 旭川界隈

2020年03月23日

今日の岐登牛山

 きのうからきょうにかけて深夜に降雪、数センチの淡い積雪あり。きのうの日中に緩んだ雪道は氷点下にしっかり硬くなって大変歩きやすくなっていた。日中の身辺温度は+7℃前後で、歩くと暑い。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 4羽。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 この木の下にはたくさんの落ち果実あり。雪の下になってしまったから、木の上で採食か。何故かこの木が1本だけ食べ残されていた。背に腹は変えられなくなったかな。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 十分に開くまで待ったら雪が消えそう。というより、待ちきれない。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 帰途、車中から。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:11| Comment(0) | 岐登牛山

2020年03月22日

今日の岐登牛山

 今のところ最低気温は−0.3℃、冬日に逆戻り。でも日中の身辺は+7℃ほど。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 下も同じ個体。今でも2羽いるんじゃないか、と見る観察者もいらっしゃるが。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 胸の色合いはだいぶ違って見える。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 けっこう大きく開くね。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ここ数日ですっごく融けた。展望閣への道で。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ♂ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 フクジュソウ、キタミフクジュソウかも。別種に分類されてるから厄介だね。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 1株から複数の茎を立てて、それぞれ1輪をつけているように見える。フクジュソウなら1本の茎から複数の枝を分けてそれぞれ1輪の花をつける、のだそうな。栄養状態が悪いと、フクジュソウでも茎1本のことも多々ある、とか、厄介だね。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:19| Comment(0) | 岐登牛山

2020年03月21日

今日の岐登牛山

 けっきょくきのうは冬日を脱出していた。そしてきょうもまたそうなりそうな予感。日当たりではそうでもないけど、日陰では風が頬に冷たくて、無精髭では防寒できぬ。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 迷鳥というよりはもはや稀な冬鳥とでも言えそうな。ここまでちゃんと来て、越冬して、きっと、帰り道もわかってる、のではないだろうか。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 わからんけどさ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ツルシキミ。雪が解けてきて、雪の重さより弾ける枝の強さのほうがまさるようになった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 エゾエンゴサク、蕾も一緒に。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 不意に数10羽が飛び出す。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:10| Comment(0) | 岐登牛山

2020年03月20日

今日の岐登牛山

 今のところ、最低気温もプラスで推移。せっかくの春分の日、今季初の冬日からの脱出なるか。ただし、18時で+1.6℃、徐々に下がってきている。わずかな時間、わずかな量の雨、あられ、ゆきが降った。晴れ間もあった。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 駐車場付近から稲積ピークを仰ぐ。展望閣の向かって右側にヨーロッパトウヒが3本、その右奥付近の小高いところが稲積ピーク。駐車場からの標高差200m。ここはかつて稲積神社神殿跡と呼ばれていた。コース案内にもそう記されていた。その昔(大正14年〜昭和2年)、稲積神社が開山されその神殿が置かれていたそうな。10年ほど前まで、山座同定のできる案内プレートが設置されていたように、展望のよく利くところだった。狭いながらも楽しい我が家、もとい、小さいながらも鋭いピークなので稲積神社神殿跡小ピークと勝手に呼んでいた。略して、稲積ピーク。この名前のいわれを問う声もあり、勝手にそう呼んでいる言い訳を書いてみた。あくまで私称です。この拙HPのなかでしか通用しません。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 水分補給? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 果柄を気にせず飲み込んだ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 数羽滞留 (画像クリックで拡大)

posted by take_it_easy at 18:09| Comment(0) | 岐登牛山

2020年03月19日

今日の岐登牛山

 気温は昨日より高め、が、風があって、体感は低め。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 よく鳴く。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 展望閣への道で。すっかり春山の雰囲気。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 フクジュソウがチラホラと咲きだしている。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 13羽を確認できる。飛び出したらもっともっとたくさんだった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 スタコラサッサ、灌木の下に隠れようとする。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 散らばって7〜8羽くらいはいた。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:18| Comment(0) | 岐登牛山

2020年03月18日

今日の岐登牛山

 暑いくらい。身辺+10℃前後。日当たりだと25℃くらいにもなった。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 こちらには気づいてるんだろうけど、遠慮会釈なし。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 フクジュソウが開花して、早速、キタヨツモンホソヒラタアブが訪れている。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 体型が違うように見えるけれども、やはり体型が違うのだろうか。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 上と同じ個体。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 カラスのそれよりも随分と長い行水。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 19:44| Comment(0) | 岐登牛山