2016年11月09日

今日の岐登牛山

 実をたわわに着けたズミが数本、ゴロンと倒れてしまった。ボキッと折れてしまったものも。不作の去年ならこんなことにはならなかったかもしれないが、豊作の今年は、湿雪にまとわりつかれて、重さに耐えきれなかったようだ。−3.0〜+1.7℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 風は強め、降雪はなく、荒れる、ということはなかった。稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 シラカンバにも倒木あり。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 普段は間近では見ることのできない樹冠のてっぺん付近の枝先を見た。葉芽には痕跡はなかったけれども、花芽では先が摘まれているもの多々あり。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 このところほぼいつも、声は聞き、姿もちらっとは見ているけれども、ファインダーの中では見ること叶わなかった岐登牛山のミソサザイ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 すぐ近くに来た個体あり。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 すぐ近くから去ってしまった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 とんとフユシャクを見かけないから、この種はどうだろうか、と気にかけていたら、いた。クモガタガガンボの一種♂。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 上より一回りほども小さい♀。別種かもしれない。背中の構造が似ているから同種かもしれないけど。以前、これくらいのサイズ違いを無理に交尾させようとしたら、お互い、関心をしめさずに遠ざかったことがある、たぶん別種。同じくらいの大きさの♂♀を近いところにおいたら、瞬時に♂は♀を確保したことがある。このときのは同種だった、たぶん。いずれにせよ、多分、を超えないおはなし。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:19| Comment(0) | 岐登牛山